神楽坂の歴史

神楽坂は、徳川家康が江戸に幕府を開いた17世紀以降に発展した街です。この街の成り立ちを簡単に振り返ってみましょう。

江戸時代

神楽坂通りは、17世紀前半の江戸時代、三代将軍家光の時代に牛込御門と酒井家下屋敷を結ぶ形で開通しました。元々この地域には以前から町屋が存在していましたが、江戸幕府開府以降、一帯には幕府旗本の武家屋敷や寺社が多く配置されていきました。また、江戸城外堀が掘削され、神楽河岸が造成されましたが、この物流拠点の存在が、後の神楽坂の発展に大きく寄与することとなりました。

 

江戸時代後半になると、江戸は様々な文化が発展しました。八代将軍吉宗の政治顧問であった荻生徂徠や、戯作者として江戸町民から喝采を浴びた太田南畝は、牛込地区の住人でした。18世紀末に毘沙門天善国寺が麹町から神楽坂に移転してくると、寅の日の縁日で大いに賑わい、行元寺や赤城神社では岡場所が発達し、幕末には地蔵坂の牛込藁店の寄席は多くの人を集める人気の場所となりました。この頃が神楽坂の最初のピークと考えられます。

江戸時代の神楽坂の浮世絵


明治時代

大政奉還を迎え江戸時代が終わると、多くの武士が帰郷し江戸の人口は半減しました。武家屋敷中心だった神楽坂一帯も空家が目立つようになり、一時には桑茶畑までが出現したそうです。しかし東京遷都が決まると、徐々に官庁の役人や企業の社員等の新住民が増加し始め、また行元寺の岡場所から発展した花街が形成されていきました。神楽坂の商店街もこの頃から急速に発達し、東京で最初の夜店も始まり多くの人で賑わいました。

 

それと同時に、尾崎紅葉、夏目漱石、坪内逍遥といった近代文学の祖と言われる文人たちがこの地に住むようになると、寄席演芸場や門前町の賑わいも加わり、神楽坂は文化の香りも漂う街になっていきました。明治28年には飯田町駅が開通し、甲武鉄道の始発駅となるなど、山の手と下町との結節点として神楽坂の街は一層発展していきました。

明治時代の神楽坂毘沙門天の縁日

新撰東京名所図会 善国寺毘沙門堂縁日



大正~昭和(終戦まで)

明治の終わりに行元時が品川に移転し、その跡地が三業地となって、神楽坂の花街は大正の初めには既に東京でも有数の規模になっていました。大正12年の関東大震災で東京下町が甚大な被害を受けたのに対して、台地の神楽坂は大きな被害が無かったため、震災後は銀座の有名店が軒並み神楽坂に出店することとなり、一時期「山の手随一の繁華街」「山の手銀座」と言われるまでに繁栄しました。花街も東京で最大規模となり、複数の常設の寄席演芸場も開かれ、神楽坂はこの数年間が最も賑わいを見せた時代でした。

 

しかしその後は新宿や渋谷といったターミナル駅の発展により東京の中心地が西に移動すると、神楽坂の地位は少しずつ低下していきました。それでも独特の情緒を持った落ち着きある街として魅力を放っていた神楽坂ですが、太平洋戦争末期の昭和20年の空襲により、江戸時代以来の街並みは遂に灰燼に帰してしまいました。

大正時代の神楽坂の夜店

織田一磨 東京風景「神楽坂」より



昭和(戦後)~現代

戦後、神楽坂の花柳界はいち早く復興し、昭和30年代にはピークを迎えましたが、その後は時代の流れもあり少しずつ減少していきました。バブル経済の時代に一部無秩序な開発が進み、以前の「神楽坂らしさ」が失われていくことに危機感も醸成されてきたことから、現在では独特の江戸の風情を残す様々な取り組みが行われています。多くのおしゃれなレストランが集まっているスポットとしても知られており、今や「神楽坂」ブランドは全国区のものとなっています。

現代の神楽坂通り

主要参考文献:

 粋なまち神楽坂の遺伝子(粋なまちづくり倶楽部、東洋書店、2013.4)

 神楽坂がまるごとわかる本(渡辺 功一、けやき舎、2007.8)